b型肝炎の概要及びエンベロープなどb型肝炎ウィルスの構造について

b型肝炎というととても怖いイメージがありますが、その多くは重症化することはないといわれています。またb型肝炎に関する知識が少ないと、病気に対する誤解を招きやすいです。そのため、ここではb型肝炎の概要について取り上げます。

またb型肝炎ウィルスについて知ることで、検査や治療薬の理解がより深まります。そこで、今回はb型肝炎ウィルス構造も紹介します。

ウィルス性肝炎の種類

b型肝炎とはウィルス性肝炎の1つであり、b型肝炎ウィルスに感染することで発症するものです。ウィルス性肝炎にはいくつか種類がありますが、特に多いのがa型肝炎とb型肝炎、c型肝炎です。またe型肝炎もありますが、これは発展途上国に流行している肝炎です。

ウィルス性肝炎の感染経路

ウィルス性肝炎はその種類によって感染経路が異なります。経口感染でうつるのが、a型肝炎ウィルスとe型肝炎ウィルスです。また非経口的感染では、b型肝炎ウィルスとc型肝炎ウィルスなど該当します。非経口的感染では血液を介して、ウィルスの伝播が行われます。

b型肝炎の感染について詳しく見ていくと、垂直感染と水平感染があります。垂直感染とは母子感染のことです。母子感染にもいくつか種類があり、b型肝炎の場合は出産時の出血や皮膚の擦り傷を介して感染します。一方で水平感染では性感染症や輸血、入れ墨や針刺し事故などが挙げられます。

かつては輸血を介して感染することが多かったですが、検査体制が整ってきていることからほとんど見られなくなりました。しかし、かつての日本では集団予防接種で注射の使いまわしを行っていたため、B型肝炎ウィルスが広がったといわれています。

b型肝炎訴訟のために必要な塩基配列検査を知ろう

b型肝炎の症状

b型肝炎ウィルスに感染すると、急性感染する場合と持続感染する場合があります。急性感染の場合、初期症状には倦怠感や疲労感、食欲低下などがあります。これらの症状が1週間程度続いた後に嘔気嘔吐や腹痛、黄疸が出てきます。

患者によっては紅斑や関節痛、関節炎などの症状があらわれます。しかしながら、人によっては症状が出ないまま治ってしまうケースがあり、これを不顕性感染と呼んでいます。ちなみにb型肝炎ウィルスに感染した人全てが急性肝炎を起こすわけでなく、多くの人が不顕性感染のまま治ってしまうといわれています。

また急性のb型肝炎を引き起こしても、大部分の人が1~2カ月程度で治ります。しかしb型肝炎ウィルスに持続感染してしまった場合、急性肝炎の症状が出ないまま慢性肝炎が潜んでいることがあります。そのため、定期的に検査を受けて、必要な治療を受けることがとても大切です。

b型肝炎の検査

b型肝炎は自分が知らないところで感染していることがあるため、不安に感じている人も少なくありません。そのため、b型肝炎ウィルスに感染しているかを調べる必要があります。検査は血液を採取して調べますが、HBs抗原が検出されるかチェックします。

HBs抗原とはb型肝炎ウィルスを構成しているタンパク質の一種です。もしHBs抗原が陽性となったら、被験者の肝臓の中でb型肝炎ウィルスが増殖し、さらに血液中にもb型肝炎ウィルスが存在することとなります。もしHBs抗原が陽性だったら、今の感染状態がどのようになっているかを詳しく調べる必要があります。

詳しい検査ではHBs抗体やHBc抗体、HBc-IgM抗体やHBe抗原などを調べていきます。これらの検査をすることで、過去に感染しその後に治癒した、最近b型肝炎ウィルス感染した、b型肝炎ウィルスの増殖力が強い状態などが分かるのです。

ところで、b型肝炎ウィルスの検査はほとんどの医療機関で受けることが可能です。また、自治体によっては肝炎ウィルス検診の案内を郵送しています。この場合、指定の医療機関が定められていて、そこでは無料で検査を受けられます。

ただし対象者は年齢で指定されているので、毎年案内が来るわけではありません。

b型肝炎ウイルスの関連マーカであるe抗原

b型肝炎ウィルスの構造

b型肝炎の原因となるb型肝炎ウィルスの構造について知っている人は、専門家以外ではそれほど多くありません。b型肝炎ウィルスの正体は、DNAウイルスです。DNAウィルスとは、ウイルス核の内部に遺伝物質としてDNAを有するものを指します。

DNAの中にたくさんの遺伝情報が含まれていて、二本鎖構造がらせん状に並んでいます。b型肝炎ウィルスはDNAがコアとなり、その外側にエンベロープと呼ばれる物質がセットです。エンベロープとは封筒という意味があり、膜状の構造でDNAを包み込む役割を持っています。

そしてエンベロープの部分をHBs抗原、コア部分をHBc抗原と呼んでいます。つまり先述したHBs抗原の検査では、このエンベロープの有無を調べていることになるのです。そしてこのb型肝炎ウィルスは熱に強い性質があり、60℃で10分間加熱しても不活性化されません。

そして60℃で10時間加熱することで、ようやく不活性化されます。

b型肝炎の治療目的

b型肝炎に感染していた場合、どのような治療がなされるかについて関心がある人は多いです。b型肝炎の治療は、ウイルスの増殖を抑えて肝炎を発症させなくすることが目的です。何故なら、現在の医学ではb型肝炎ウイルスを完全に排除することができないからです。

一過性の急性b型肝炎を起こした人の場合、ウィルス量が低下して非活動性となることがほとんどです。つまりこの場合は治療の必要はないのです。治療が必要なのは、体の中でb型肝炎ウィルスが減らずに慢性肝炎を起こしている人たちです。

特に35歳を超えて肝炎が続いている場合は、積極的に治療を受けなければなりません。もちろん35歳未満であっても、b型肝炎ウィルスが低下しなかったり、肝臓の線維化が進んでいたりするとしっかりと治療を受ける必要があります。

b型肝炎の治療薬

ところでb型肝炎の治療で使われる薬には、インターフェロンと核酸アナログ薬があります。これらの薬はウィルスに対して作用します。インターフェロンは、ウィルスのタンパク合成を抑制して、増殖を防ぐ働きを有します。

ただしインターフェロンの場合、b型肝炎ウィルスを増殖する力はそれほど強くなく、むしろ免疫力を高める目的で使用されます。いったん効果が出ると、薬効が長続きする特徴をもっています。一方核酸アナログ薬には、強力なb型肝炎ウィルスの増殖抑制効果が期待されます。

しかも核酸アナログ薬は経口薬なので、患者にとっては服薬しやすいメリットがあります。ただし途中で服用を中止すると、肝炎が再発する可能性が高まるので注意が必要です。